運動後のドカ食いを防いで痩せましょう

ダイエットのための運動が趣味のひとつになってから胃袋が小さくなったようで、食事の量を調節しなくても自然に食事を適量に抑えることができるようになりました。

私が行っているダイエット方法は主にスポーツなんですが、スポーツをし過ぎない丁度いい運動量で止めることでスポーツ後のドカ食いが防げます。

運動をするとお腹が空いてたくさん食べるから、結局いくら運動したって痩せられないと嘆いている人がいますが、運動をがんばり過ぎずに丁度いい運動量を覚えると運動後のドカ食いをしなくて済みます。

運動のし過ぎによって一時的に食欲がなくなる人もいますが、多くの人は食欲がなくなるまで運動をしていなくて、身体が疲れたところで止めているから食べてしまうんだと思います。

私の場合は運動をする前は食事をしませんし、運動後は軽く食事を食べる程度なので自然に胃袋が小さくなったのですが、自分に合う運動量を知ることでたくさん食べることを防げるので、いろいろ経験してみるのも良いと思います。

Comments are closed.