運動後のドカ食いを防いで痩せましょう

ダイエットのための運動が趣味のひとつになってから胃袋が小さくなったようで、食事の量を調節しなくても自然に食事を適量に抑えることができるようになりました。

私が行っているダイエット方法は主にスポーツなんですが、スポーツをし過ぎない丁度いい運動量で止めることでスポーツ後のドカ食いが防げます。

運動をするとお腹が空いてたくさん食べるから、結局いくら運動したって痩せられないと嘆いている人がいますが、運動をがんばり過ぎずに丁度いい運動量を覚えると運動後のドカ食いをしなくて済みます。

運動のし過ぎによって一時的に食欲がなくなる人もいますが、多くの人は食欲がなくなるまで運動をしていなくて、身体が疲れたところで止めているから食べてしまうんだと思います。

私の場合は運動をする前は食事をしませんし、運動後は軽く食事を食べる程度なので自然に胃袋が小さくなったのですが、自分に合う運動量を知ることでたくさん食べることを防げるので、いろいろ経験してみるのも良いと思います。

食べたつもりになれる!食べる量を減らす方法

体重計

私は食べる量が多いにも関わらず運動量が少なく、体重も重い方でした。ネットで調べると自分は標準~やや肥満体型らしく、痩せたいと思いました。
だけど運動する時間はあまり取れないし、食べたいという気持ちもあったのでどうしようかと思いました。

そこで思いついたのが、食べたつもりになれば満足できるのではないかということでした。私は夜に2杯食べることが多かったのですが、ある日の夜はいつもよりご飯を少なめによそってみました。
食事制限なんてできるはずもなく、もちろんそれだけでは満足できないので2杯めも軽くご飯をよそいました。

そしたらそれで満足できたんです。普通に考えればいつもより少ない量なのだからもっと食べたいはずなのに、不思議でしたね。
もしかしたら「おかわりする」という行為が、満足につながるのかもしれません。だから少ない量でも食べたつもりになれたのかなって思うんです。

そこで私は今も、一杯分のご飯を二回にわけて「おかわり」をしています。おかわりを良くしている人は、これで満足できるかもしれませんね。
私はこの方法で1~2キロ痩せましたが、これ以上痩せるには運動が必要だなと感じています。

運動だけじゃなくて食事制限なんてしてもいいかもしれません。とにかく体重を落としたくてね。
食べたつもりでも頭では食べてないって思っちゃってるんですもの。

Newer Entries »